OUR MESSAGE 社長メッセージ

代表取締役社長 写真

必要なものは「好奇心と行動力」!

近年、国内大手メーカーが次々と経営難に直面し、存続さえ危ぶまれています。しかしながら、私たちはこのような厳しい環境に関わらず、確固たる未来に向かって変革を続けながら着実に歩みを進めています。そのため私たちは何よりも「好奇心旺盛」で「行動力がある人材」を求めています。好奇心旺盛という資質に、向上心という意欲が加わることで、日々の業務の中で問題を発見することや疑問を解決すること、より効率的に業務を遂行したりアウトプットの質を高めたりすることが可能になります。 好奇心のアンテナを高く掲げ、いろいろなことに興味や関心を持って行動する人、与えられたことをこなすだけでは満足しない人を歓迎します。

長崎キヤノン株式会社
代表取締役社長 増子 律夫

IDEAL PERSON 求める人材像

長崎キヤノンでは私たちと一緒に
世界最高のものづくりに挑戦する人を求めています。

知的好奇心をもっている
長崎キヤノンでは日々新しい技術を取り入れながら業務に取り組んでいます。そのため新しいことに積極的に挑戦することが必要不可欠です。知的好奇心をもつ人財が大きく成長できる会社です。
向上心をもっている
キヤノングループの行動指針にある「実力主義」は当社も共通。会社自体が若いだけに、向上心をもって前向きに仕事に取り組む人材に大きな仕事を任せるので、キャリアアップのチャンスにあふれています。
チームプレイができる
チームで仕事を行うことが多く、必ずコミュニケーションが必要になってきます。そのため、コミュニケーション能力に長け、チームを引っ張っていける人材が活躍できます。

NOW 長崎キヤノンの今

社員全員が高い目標を掲げて
様々なニーズに応えることができる会社

長崎キヤノンは「コンパクトデジタルカメラ」の生産拠点として創業しました。培ってきた技術を昇華させ「デジタル一眼レフカメラ」「ミラーレスカメラ」の生産も行っております。現在は事業の多角化を進め、2015年より「ネットワークカメラ」の生産も開始し、これからもキヤノン製品の「総合生産拠点」として様々な製品を生産する予定です。一般的な生産会社の概念である「労働集約型」の生産体制から「知的集約型」の会社として歩みを進めている最中です。社員全員が高い目標を掲げて様々なニーズに応えることができる会社、それが今の「長崎キヤノン」です。

BACK UP 意欲を支えるバックアップ体制

社員のやる気に応える体制を整えています。

長崎キヤノンの社風を表す言葉の一つが「実力主義」。意欲のある人に報いることができるよう、様々な仕組みを整えています。例えば、長崎キヤノン社内だけでなく大分キヤノン・宮崎キヤノンなどのグループ会社の仕事にチャレンジできる「キャリアチャレンジ」や、会社の中にある様々な職種や役割ごとに必要な知識やスキルを明示し、個人のキャリアアップのために「何を学べばいいのか」「どんな経験が必要なのか」を示すことで、一人ひとりのキャリアパスが明確にイメージできるような人材育成プログラムを構築しています。また、社内選抜研修や通信教育制度、社内での英会話講座なども受講できます。社員のさまざまなやる気に応える体制を整えています。